らるごな暮らし

主婦らるごの暮らしのあれこれ
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 マクロビパパさんのバナナとプルーンのパウンド
 2006年09月15日 (金) 18:58:49

トッピングは砕けた(「砕いた」ではないところがポイント)くるみ 要するに残りものの利用です 笑


マクロビ・パパの奮闘記さんで紹介されていたバナナとプルーンのパウンド
さっそくトライ!しました

甘味料はもちろん、オイルも使っていないパウンドケーキ

もともとはThe Dream Life in OZのluckyさんが、娘さんの味覚を守ってあげたいというお気持ちで作られたレシピとのこと

確かに保存には不向きだけど、とっても美味しい、やさしい気持ちになれるパウンドケーキです

こんなパウンドケーキのお供には、うん、大好きだったロイヤルミルクティーがいいな、です
スポンサーサイト

macrobiotique | TB : 0 | CM : 4 | 

 紫いも蒸しパン
 2006年07月28日 (金) 19:38:33




キャロブレーズンに続きまして、月森紀子さんの玄米菜食に掲載されている「小豆抹茶蒸しケーキ」の紫いもフレークバージョンです

基本レシピの抹茶を紫いもフレークに代えただけ
ただ、紫いもフレークは溶けにくいので、甜菜糖シロップを作る際に一緒に火にかけて溶かしました

色味も風味も、もう少し紫いもフレークが多い方が良かったかもしれません
秋になったら、ふかしたさつま芋をごろごろ混ぜて再チャレンジしてみようと思います

今回使用した紫いもフレークは沖縄みやげの品
また、富澤商店さんやクオカさんでも取り扱っています

macrobiotique | TB : 1 | CM(-) | 

 大豆のからあげ
 2005年12月15日 (木) 17:07:14

ひとつ揚げすぎが...(苦笑)


なんだか無性に揚げ物が食べたくなる時って、ありません?
はい、実は昨日の私がそうでした(笑)

冷蔵庫と相談して、作ったのがこちらの「大豆のからあげ」です
ゆで大豆・玉ねぎ・地粉をフードプロセッサーでペースト状にして揚げただけ
参考にしたのは、おいしく食べてきれいになる素食レシピ120
でも分量はアバウトです(笑)

乾燥大豆たんぱく(関連記事はこちら)をから揚げにするよりも、ふわっとした口当たり
ごまやパセリを混ぜ込んだり、いろいろとアレンジできるのも手作りの魅力ですよね

macrobiotique | TB : 0 | CM : 4 | 

 復刊ドットコム
 2005年10月22日 (土) 19:14:03

復刊ドットコム

こちらは、絶版になっている書籍をネットで票を集めて復刊しようというサイトさんです
100票集まるとスタッフの方が出版社に復刊交渉をしてくれるというもので、実際に復刊された書籍も多いんです

そんな復刊ドットコムさんで、以前ご紹介した「正食と人体」がリクエストされています

投票するには住所氏名などの個人情報の登録が必須なのですが、もしよろしければ復刊へのご協力をよろしくお願いしますm(__)m

正食と人体(一倉定著) 投票ページ

また、以下のマクロビオティック関連の書籍もリクエストされていますので、こちらもどうぞよろしくお願いしますm(__)m

マクロビオティックのおいしいレシピ 体の中からきれいになる!(川瀬ゆき枝著)投票ページ
あったかいきもちいっぱい 川内翔保子ナチュラル・レシピ集 投票ページ

macrobiotique | TB : 0 | CM : 0 | 

 正食と人体
 2005年09月21日 (水) 07:44:36

ふと夫の机の上を見ると、そこには1冊の本が

正食と人体―一倉定の体験的健康学

えっ?! 「正食」?!
なぜあなたがこの本を?!

と驚きつつ良く見ると、著者は一倉 定(いちくら さだむ 1918 - 1999)さん
ご存知の方も多いかと思いますが、著名な経営コンサルタントの方です
お弟子さんはとらず、顧客である経営者に直接指導をし、一緒に金策に走るなどという逸話が残っています

経営に関する著作を数多く残しておられることは知っていましたが、食、それも「正食」についての本を書かれていたとは知りませんでした

夫はどちらかというとアンチ・マクロビオティック
(とはいえ農家出身なので野菜好き)

そんな夫が「正食」と題した本を読んでいるのには驚かされたのですが、一倉さんの著書と知って納得しました

夫にはジョン・レノンもゴア元副大統領もマドンナも効きませんが(むしろ逆効果)、意外なところから応援(ちょっと大げさ)がやってきたような気がしました

...さて、かんじんの本の内容は
石塚左玄・桜沢如一の理論を元に、著者自らの体を実験台にして確認していったもの

具体的には、身土不二の原理や塩(自然塩)の大切さ、玄米の効用など、マクロビオティックの本に必ず載っていることが書かれています

ですが、マクロビオティックの専門ではない、でも経営という他の道のプロの視点で書かれたこの本はいろいろな意味で役に立つと思います

ところどころ極端・過激とも思える記述があるのですが、それが著者の人となりを表しているようで、むしろ心地よく読むことができました

同様に
食事を変えなければ大和民族は衰亡する
という本も出ていますが、2冊とも残念ながら現在は絶版
お読みになりたい場合は、図書館を利用してくださいね

...そうそう、これで我が家はめでたく夫婦ともどもマクロビオティックを実践することに...はなっていません

でも、良い方向には進めているような気がします

macrobiotique | TB : 0 | CM : 4 | 

copyright © 2005 らるごな暮らし. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。