らるごな暮らし

主婦らるごの暮らしのあれこれ
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 現実を有効に生きよ
 2005年09月27日 (火) 17:38:29

現実を有効に生きよ

学生時代の友人が贈ってくれた言葉です
元は電気通信大学の西尾幹二名誉教授の著作からとのこと

この言葉が書かれていたという西尾教授の著作は未読ですが
「今、目の前にある現実がどんなものでも、必ずそこから学ぶことがある 得るものがある」
という意味だと私は受け取っています

もう10年も前のことなのですが、今でもこの言葉がふとよぎることがあります

辛い時はもちろんのこと、今ならそうですね...
「狭い部屋を快適にするためにはどうするか」とか「今月の残り少ない予算でどうやりくりするか」なんて時(笑)

この言葉を思い出すと、ものごとを離れたところから客観的に見る、ということができるような気がします

と同時に、私にもこんな言葉を贈ってくれた友人が居たということが懐かしく思い出されるのです
スポンサーサイト

special things | TB : 0 | CM : 2 | 

 COMMENT

  Title...書くものは向こうからやってくる。  b y fujitamanegi
出典は忘れましたが、有名なジャーナリストの言葉です。
捉え方は人それぞれなんでしょうが、私は
「どんなものになるか分からなくても、前進していけば自分が本当に目指しているものが形を成してくる」というふうに解釈しています。
それこそ「現実を有効に生きる」ということですね。今がどんな状況であっても、無駄になるものは無く、いろんなものを吸収して成されるものが自分の目指すものなんだ、と。
とかく私は、目先の困難さにひるみがちなので、心に留めている言葉です。

あ、私も「博士の愛した数式」をすでに購入してました。これからぼちぼち読むのです~♪
2005.09.29 (09:13) * URL [EDIT]
  Title...>fujitamanegiさん  b y らるご
>書くものは向こうからやってくる

ジャーナリストらしい表現ですね

ええ、本当に無駄なことなんて何ひとつないのですよね
どんなささいなことでも原因があって結果があって、その人に必要だから起こるのですよね

このことについて、こうしてfujitamanegiさんとお話できて良かったです
どうも有難うございます

そうそう、「博士の愛した数式」、読むときはタオルを用意しなくちゃダメですよ
ハンカチでは涙を拭ききれませんから

秋の夜長、読書タイムを楽しんでくださいませ(^^;
2005.09.29 (17:31) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://largonakurashi.blog12.fc2.com/tb.php/121-f9b2ee02


copyright © 2005 らるごな暮らし. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。