らるごな暮らし

主婦らるごの暮らしのあれこれ
 スポンサーサイト
 --年--月--日 (--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | 

 夢見たものは
 2005年07月14日 (木) 11:53:00

 夢みたものは、ひとつの幸福

 ねがったものは、ひとつの愛

 山なみのあちらにも しづかな村がある

 明るい日曜日の 青い空がある


 日傘をさした 田舎の娘らが

 着かざって 唄をうたってゐる

 大きなまるい輪をかいて

 田舎の娘らが踊ををどってゐる


 告げてうたってゐるのは

 青い翼の一羽の 小鳥

 低い枝で うたってゐる


 夢みたものは ひとつの愛

 ねがったものは ひとつの幸福

 それらはすべてここに ある と




立原道造(たちはら みちぞう)さんの詩です

あまり詩を読む習慣がありませんでした
日本のものも外国のものも、学生時代に授業で読むくらい

最近になってようやく、年を取ったからでしょうか
詩の素晴らしさがわかりかけてきたような気がします

この詩を読むと、
飢えない程度の食べものと
寒さ、暑さをしのげる程度の服と
雨が漏らない程度の住む場所と
そしてこの詩にあるようなあたたかくて平凡な日常があるというのに
もっともっととそれ以上を望んでいる自分に気付かされます

子どもの頃読んだ「青い鳥」のお話もそう
「幸せはすぐそばにある」
頭ではわかったつもりでいましたが、全然わかっていませんでした
もしかしたら今も、わかったつもりになっているだけかもしれません

だから何度でも、何時でもこの詩を読めるようにしておきます

★こちらの詩ですが、著作権保護期間が過ぎていますので青空文庫さんから転載させていただきました
こちらの詩は「優しき歌II」に収録されています
スポンサーサイト

special things | TB : 0 | CM : 0 | 

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://largonakurashi.blog12.fc2.com/tb.php/62-378ec823


copyright © 2005 らるごな暮らし. All Rights Reserved.
  
Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。